就活はスケジュールを立てて早めに行動

高校生などの場合には、高校により採用枠などが決まっているので、就職する際にあまり苦労することはないです。

しかし、大学生の場合には、就活はとても大変です。新入社員を採用する企業の担当者は、より優秀な学生の確保が仕事であり、いわゆる優秀な有名大学の学生を採用する傾向にあります。
今ではほとんど死語に近いかもしれませんが、企業によっては学閥があり、採用する学生の大学が決められており、対象の大学を卒業した人以外は門前払いという扱いになってしまうこともあります。


以前のように早いタイミングから就活をすることは禁じられていますが、それでも中にはOBなどを通じて早めに対応している人もいます。



簡単に内定をもらえる学生など限られていますので、学生は自分が入社したい会社を早めに選定して、会社の採用スケジュールをしっかり抑えることからはじめなくてはなりません。

そして、筆記試験や面接のスケジュールをしっかりたてて、就活をすることをおススメします。

できるだけ多くの会社に応募すれば、面接などにも慣れてきますので、言い方は良くないですが、練習のために希望はしていなくとも複数の会社の試験を受けられるとよろしいです。

なかなか内定をもらえない状態ですと、焦る学生も多いですが、1つの会社の合否で一喜一憂するのではなく、気長に対応するべきです。



そして、希望をしていない会社でも内定をひとつでももらっておくようにすべきです。



内定がひとつでもあれば最悪就職ができない状態から逃れられます。